会社概要

社員の声 瀬川靴下で働く社員の声をお届けします。

写真

製造部

瀬川靴下の製造部は、現物製造班とサンプル製造班の2つに分かれます。 現物製造班は生産管理部から送られてくる指示書通りに、より早く、より正確に製造を行います。技術や納期的に厳しい依頼が来たときも、どうすれば可能かを生産管理部と共に考え、お客様第一の姿勢で取り組んでいます。
サンプル製造班は、営業部との直接のやり取りを通しお客様の求めていることを理解し、より高い精度で形にしていくことを心がけています。
製造部が一貫して大切にしていることは、品質を守ることです。
スピードや対応力にも自信を持っておりますが、製品の質が低かったり、不良があるとお客様には満足していただけません。
瀬川では、検査専門の人材によって検査を行い、常に高品質な製品をお届けしています。


写真

生産管理部

生産管理部とは、営業部と製造部の架け橋の役目を担う部署です。
営業部がいただいてきたお仕事を国内・海外へと製造に回していきます。
資材の発注や原料の仕入れ、編機の指定や指示書の発行など、製造における全てを管理しています。
一番心がけていることは納期を守ることです。製造部の状況や、機械の稼働率を常に把握しておくことで、急な依頼にもしっかりと配台を組むことが出来ます。専門的に納期の管理が出来ること。これが会社の一つの強みにつながっているという責任を感じながら仕事に取り組んでいます。
これからも、他部署の声に耳を傾けながら、効率を追求していくことでお客様にも、会社にも頼られる存在の部署になっていければと思います。


写真

営業部

瀬川靴下の営業は企画・提案型の営業スタイルです。
既存のお客様にもシーズンごとに、流行の素材や編み方などの提案を行い、サンプル班との連携で展示会用の試作品製造などのお手伝いをしております。
時代時代でお客様に求められる内容を、社内でどこまで出来るか、またより効率的な方法はないかなど、長年の経験やノウハウを活かしご提案いたします。
瀬川靴下は編機のバリエーションが多く、協力工場も多数持っているので、提案出来ることの幅では自信を持っております。また、生産管理部、製造部と役割をしっかり分担しておりますので、納期・品質の保証も出来ます。これらの強みをしっかりと伝えていくことが私たち営業部の役割です。
お得意先様に「瀬川に言うといたら何とかなるやろ」。そう言っていただけるよう、これからも邁進してまいります。


Copyright © SEGAWA KUTSUSHITA. All Rights Reserved.